ITエンジニアに転職したい未経験者が、まず最初にすべきこと

ITエンジニアに転職したい未経験者が、まず最初にすべきことは転職エージェントに相談することです。

プログラミング言語には、Ruby PHP C++ JAVA Swiftなど、多くの種類があります。ですが、地域によってどの言語の求人が多いのか把握している人は少ないのではないでしょうか?

これを知らないと、プログラミングスクールで学んだことが無駄になるかもしれません。

地域によってプログラミング言語の求人が異なる

ノートパソコンを操作する女性

たとえば、未経験OKでRubyの求人は東京に集中していますが、名古屋にはありません。名古屋ではJAVAやC++であれば未経験でも積極的に採用しています。

このことを知らずに、プログラミングスクールで学んでから転職活動を始めると、希望する勤務地に学んだ言語の求人がない!となってしまうかもしれません。

勤務地か仕事の内容のどちらかを諦めるのは避けたいですよね。

なので、ITエンジニアに転職したい未経験の方は、まず転職エージェントに相談して希望する勤務地に学びたいプログラミング言語の求人があるか聞きましょう。

大手転職エージェント3社に相談しよう

ノートパソコンやタブレット手帳を机に置き、話し合う男女

相談は転職エージェントにしましょう。

スクールの転職支援サービスに頼るだけでは十分そうに思えますが、持っている情報量は転職エージェントに劣ります。また大手の転職エージェントとなると、過去のデータを蓄積しているので、より的確なアドバイスをもらえます。

なので、大手転職エージェントに頼るといいです。ただし1社ではなく、3社に頼ることをおすすめします。理由は情報の精度を高めるためです。

担当エージェントは新人もいればベテランもいます。新人さんは知識が少ないのか、こちらの質問に対してすぐ答えられないとどこか頼りなく見えます。

だからといって、担当を変えてほしいとは言いづらいんですよね。ですから、複数の転職エージェントで情報を集めるのをおすすめします。

実際に利用した大手転職エージェントは以下の3社です。

情報を集めるだけでOK!転職活動をはじめなくていい

スマホとノートパソコンを使う女性

転職エージェントの中には転職を勧める方もいますが、言うとおりに行動しなくてもいいです。

未経験でスキル・実績のない状態で転職活動をはじめても、希望する求人は紹介されません。私がエージェントから紹介されたのはコールセンターの仕事でしたし。ですが、プログラミングスクールで学んだ後は希望に近い職を中心に紹介してもらえました。

なので、転職活動はスクールで学んでから始めればいいです。エージェントに言えば、了承してもらえます。

後悔しないためにも転職エージェントに相談しよう

ノートパソコンを使って話し合う男女

私はプログラミングスクールでRubyを学んだあと、転職エージェントに相談しました。そこで「未経験の採用をしていてRubyを用いた企業は、東京にはありますが名古屋にはないです」と言われたことを今でも覚えています。

私は諸事情により名古屋を離れることができないため、Rubyの仕事を諦めました。スクールに通う前にエージェントに相談していたら、このような後悔はしなかったはずです。

ITエンジニアに転職したい方は、希望する地域の求人に転職エージェント聞いてみましょう。スクール選びはそれからでも十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です