あなたがITエンジニアに向いているか判定する具体的な方法

この記事を読んでいるあなたは、少なくともITエンジニアの素質があります。
なぜなら、ネットでこの記事を読んでいるからです。

そもそもITエンジニアに興味がなければ、わざわざ検索しません。

ですが、だからこそ知っていただきたいことが1つあります。
それは、ITエンジニアの素質があって向いている人とITエンジニアの素質はあるけれど向いていない人がいることです。

そこで、あなたがITエンジニアに向いているか判定する具体的な方法を紹介します。

プログラミングスクールを受講すると向いているか分かる

ノートに書く女性と友人

あなたがITエンジニアになりたくて、向いているか知りたいならITエンジニアの仕事を体験するのが1番いい方法です。

具体的にはインターンやプログラミングスクールで自作サービスを作ることを指します。仕事を体験すれば自然と向き不向きが分かります。

向いていない人は続かない人・続けたくない人

向いていない人の特徴は2つ

・ITエンジニアの仕事が続かない人
・ITエンジニアの仕事を続けたくない人

続かない人は辞めてしまう人なのです。続けたくない人の特徴を簡単に言うと、
「お金がもったいないから続けよう」とか「せっかく始めたんだし」とか理由をつけてイヤイヤ仕事をしている人です。

これでも判断しづらい方にはとっておきの方法を紹介します。それは最終日を迎えたときの気持ちに従うことです。

もっとやりたい!と思えば、ITエンジニアに向いています。やっと解放された!と思えば、ITエンジニアに向いていません。

スクールで受講した全てのコースを終える人は10人に1人

「最終日まで続く人は10人に2,3人」の図

もう1つ判定方法があります。

スクールで受講したコースをどれだけやり切ったか?です。

スクールで受講したコースをやり遂げる人はITエンジニアに向いています。というのも、多くの方がコースを最後まで到達できずに最終日を迎えるからです。

スクールの講師に聞いたのですが、コースを最後までできる人は10人に1人くらいだそうです。ぼくは10人に1人になれませんでした。

ちなみにコースの8割までできる人は10人に2,3人で6割できる人は半分くらい。
※あくまでぼくが受講していた当時の話であり、講師の主観です。

向き不向きが分かるスクールと分からないスクール

「2つのスキルが学べるスクールを選ぼう」の図

プログラミングスクールを受講するとITエンジニアに向いているか向いていないか分かると言いました。
ですが、どのスクールでも大丈夫!ということではないです。

たとえば、ドットインストールSchooなどの無料動画サイトやProgateといった無料学習サービスでは向き不向きが分かりません。
テックアカデミーCodeCampなどの有料プログラミングスクールだと向き不向きが分かります。

差は何かというと、講師に質問・相談できて回答がすぐに得られる、もしくは講師とマンツーマンで作業する機会があるかどうか!仕事にちかい状態に身を置くのです。

ITエンジニアの仕事って1人で黙々とやる内容は少ない。むしろ2,3人で1つのプロジェクトを回したり、他部署の方や上司に相談する仕事が多いです。そもそもITエンジニアの仕事をしたことがない方1人に任せられる仕事なんてありません。

なので、講師に質問・相談できる環境下でプログラミングをするのがいいです。さらに言えば仕事には納期があるので、取り組める期間が決まっているとよりいい。

そういった意味で、向き不向きは有料プログラミングスクールで判断しましょう。

無料体験で向き不向きを判断しよう

机の上のPCと小物

・・・とはいえ、有料のスクールは高い!だから無料体験を利用するのです。

どのスクールも無料体験はありますが1日が多いです。スクールではテックアカデミーが1週間の体験期間が長いです。
1週間でも短いよ!という方は他のスクールの無料体験をはしごするのもアリです!ぼくは複数のスクールで無料体験をうけました。

もう1つ紹介するとエンジニアカレッジもおすすめです。実際の仕事現場に入れて先輩の補佐として学ぶことができて全て無料。期間は40日なのでしっかり学べます。(すべて無料とか…あやしいですがしっかりした企業です。)

向き不向きを判断するならエンジニアカレッジで十分です。(※東京に本社があるので関東にお住いの方は是非!)

向いていない仕事をするのが1番不幸

両手で顔を覆う女性

仮に、仮にですよ。

あなたがITエンジニアに向いてないと分かったとします。そのときは潔く諦めてください!

ITエンジニアの転職で1番不幸なのは、向いてないのに仕事をしていることです。

向いてない仕事をするとこうなります↓

①人よりも努力して人並みの評価がやっと得られる
②そのため人より時間と体力を使う
③いずれ時間と体力がたりなくなる
④シンドイ
⑤毎日がシンドイ

一度でも毎日シンドイループにはまると抜け出せません。

テストで合格点をとらないと追試があって、それをのび太くんが毎日する。
向いてない仕事ってそんな感じです。

向き不向きを知らないまま、うっかりITエンジニアになったときが1番不幸になるので、そうならないためにも事前に向いているのか向いていないのか把握してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です