C言語でHelloWorldを出力するプログラムの実行と解説

C言語でよく使う型

C言語で以下のプログラムを実行すると「Hello World!!」と出力されます。

C言語で「Hello World!!」と出力するプログラムの例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
printf("Hello World!!");
return 0;
}

「Hello World」のプログラムを実行する

Hello World!!

今回は無料ツールで「Hello World」を出力させます。

ideoneというプログラムを実行する無料ツール(ダウンロードも不要!)が非常に便利です。

すぐに簡単にプログラムが実行できます。

先ほどのプログラムをコピーして「Run」ボタンをクリックして、stdoutのところに「Hello World!!」と出力されたら成功です。

使い方はダウンロード不要!今すぐプログラムを実行する無料ツールを紹介に載っているので、合わせてお読みください。

ideone ダウンロード不要!今すぐプログラムを実行する無料ツールを紹介

「Hello World!!」のプログラムを解説

先ほど紹介した「Hello World!!」と出力するプログラム」の解説をしますね。

C言語のプログラムを実行させる方のようなもの

C言語でよく使う型

まずC言語には、プログラムを実行させる型のようなものがあるので紹介します。

C言語でプログラムを実行させる型のようなもの
#include <stdio.h>
int main(void)
{

return 0;
}

{}の中に記述したプログラムを実行させます。

注意
このプログラムを実行させる型を間違えて書くと、エラーになることが多いので気をつけてください。(たとえば、return 0;の「;」を書き忘れたりとか)

1行1行の意味が気になるかもしれませんが、今回は割愛します。

C言語でプログラムを実行させるには、型に合わせて記述する必要がある!と知っていただければOKです。

printf(“”);は””の中を出力するプログラムです

printf文の解説

次はprintfについて解説します。

ザックリいうと、printf(“”);で””の中身を出力します。

printf関数の説明
printf("Hello World!!");

なので、今回は「Hello World!!」が出力する記述です。

型とprintfを合わせて「HelloWorld」を出力させる

HelloWorld!!を出力させるプログラム

型の中にprintf文を挿入すると、printfのプログラムが実行されます。

C言語で「Hello World!!」と出力するプログラムの例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
printf("Hello World!!");
return 0;
}

C言語のプログラムの練習問題

C言語にはプログラムを実行させる型のようなものがあり、printfを使ってHello World!!を出力させるプログラムの解説をしました。

では、C言語の型とprintfを使って「はじめてのC言語」と出力するプログラムを作ってみましょう。

以下にプログラムの例を記載しました。

ideoneなどでプログラムを作成したらまた確認してください。

「はじめてのC言語」と出力されていれば、違うプログラムでも正解です!

「はじめてのC言語」と出力するプログラムの例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
printf("はじめてのC言語");
return 0;
}

C言語でプログラムを実行させる型が分かったら、次はprintfについて知ってみませんか?

printfの使い方はC言語でprintfやscanfで改行や桁数指定などの出力表示させる方法にまとめました。

printf関数の解説 C言語でprintfやscanfで改行や桁数指定などの出力表示させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です